ヘルペスにもたくさんの種類があります

一言でヘルペスと言っても、トップページでお話ししたようにたくさんの種類があります。種類によって症状もさまざまです。

まずはヘルペスについての大まかな種類について知識を深めましょう。今現在8種類のヘルペスウイルスが確認されています。

口唇ヘルペスなどを引き起こす「単純ヘルペスウイルス1型」。
性器ヘルペスなどを引き起こす「単純ヘルペスウイルス2型」。
水ぼうそうなどの原因となる「水痘・帯状疱疹ウイルス」。
伝染性単核症を引き起こす「エプスタイン・バーウイルス」。
肺炎、網膜炎を引き起こす「サイトメガロウイルス」。
突発性発心などの原因、「ヒトヘルペスウイルス6」、「ヒトヘルペスウイルス7」。
カポジ肉腫の原因「ヒトヘルペスウイルス8」。

これらの中でも、私たちが普段の会話の中で「ヘルペス」と言って想像するものの原因となるウイルスが始めに上げた2つ、「単純ヘルペスウイルス1型」「単純ヘルペスウイルス2型」です。

今回はこの2つにスポットをあててお話ししていきたいと思います。

単純ヘルペスウイルスはウイルスなので、もちろん感染して病気を引き起こします。予防のためにも、ウイルスの感染経路は気になるところです。


ミックスチャット